稲庭ぱすたの日常4コマまんがブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


目の見えない猫
2009年07月14日 (火) | 編集 |
anotokinoneko


ライフボートの方の話によると、
その黒猫の目を治してやるためには
目の表面の膜を一枚ずつ
剥がす手術を何度もしなければ
ならないということでした。

自分はその子のことが気になりつつ、
結局その子をもらう勇気はありませんでした。

猫を捨てる勝手な人間‥。
そして、育てやすい猫を
選んで引き取る勝手な自分‥。

でも当の猫のほうは、
身体の一部が不自由でも
それはそれという感じで
身体の残りの機能を精一杯使って
人間に近づいてきてくれるんです。


今でも、こたろうのきれいな目を見るたび
あの白い目の黒猫は今頃
どうしているかなと思うことがあります。



どこかで幸せになってくれているといいな‥。










↓いつも見に来てくださってありがとうございます!
にほんブログ村 漫画ブログ 4コマ漫画へ
※尚これ以外のランキングにも
引き続き参加しています。(右サイドのカラム
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
黒猫
「動物を捨てる」と言う行為が、こんな「悲劇」につながるんですね。
目の見えない子猫の里親になってくれる、やさしい人がいたことが救いです。
「白い目の黒猫」幸せになって欲しいです。
2009/07/14(火) 23:16:06 | URL | Yasuさん #-[ 編集]
黒猫は猫にも人にもフレンドリーなんだそうです。
何日か前にヤフーかなんかで読みました。
黒猫に限らず、
動物を裏切らないで欲しいですね。
2009/07/14(火) 23:46:47 | URL | すだれ #-[ 編集]
捨てるヒトが一番悪い、
でも捨てられたネコ達に、
差しのべられる手をもってるのに差し出さない自分、、、。
ぱすたさんのお話、身につまされました(;_;)。
白い目のクロネコさん、幸せになってて欲しい!
2009/07/15(水) 19:52:19 | URL | クロハハ #-[ 編集]
Yasuさんへ
誰しも犬や猫がたくさん捨てられているという事実は知っているけど、その後彼らがどんな運命をたどるのかをリアルに知っている人は少ないと思います。(自分を含めて)この黒猫は運良く助けられたけど、ほとんどがそのまま保健所で死を迎えているのですよね。想像すると胸が痛いです‥。

すだれさんへ
私も猫の毛の色と性格の調査の記事読みました!絶対関係あると思いますね。ライフボートのように、猫がたくさん集まっているところに行くと、すごく良くわかりますよ。人間が近づくと逃げる猫と喜ぶ猫と‥。黒猫はたいがい人なつこいですもん。(笑)

クロハハさんへ
自分も、里親を人に呼びかけるなら、自分があと何匹か引き受ければ?と自問自答することがあります。でも最後まで責任を持って飼いたいと思うからこそ、ブレーキがかかってしまうんですよね‥。今は自分の家の猫を大事にしてやることが、他の猫たちへの愛情にもつながると、自分で自分を納得させてます。


2009/07/17(金) 00:11:24 | URL | ぱすた #mQop/nM.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。